2009年12月24日

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』浜本加代(羽田美智子)


スタジオパークからこんにちは★羽田美智子

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ

◆美波の母・浜本加代羽田美智子):遍路宿「はまもと荘」の女将。働き者で浜本家の大黒柱。

羽田美智子(はだ みちこ、1968年9月24日 - )は、茨城県常総市(旧水海道市)出身の女優。血液型A型。茨城県立水海道第二高等学校、帝京女子短期大学秘書科(現・帝京大学短期大学現代ビジネス学科)卒業。生家は茨城県立水海道第一高等学校下にある。レプロエンタテインメント所属。身長161cm。

1988年日本旅行のキャンペーンガールに選ばれ、デビュー。
テレビ・CM・映画出演にてキャリアを積み重ね、映画『RAMPO』のヒロイン役に抜擢され一躍注目を集める。この映画の出演後奥山和由の下で、「チームオクヤマ」映画の常連出演者となり、「松竹専属の映画女優」として映画にほぼ専念することとなった。
しかし、奥山和由の失脚後は松竹専属を解除され、映画出演からは遠ざかりテレビドラマに復帰。『女王の教室』や『サラリーマン金太郎』などのヒット作に出演し新たなキャリアを積み重ねる。2006年10月からは『京のいっぴん物語』(関西テレビ/KBS京都共同製作)にレギュラー出演している。
また2006年5月10日放送の『オーラの泉』で美輪明宏の問いに妄想癖があると明かした(これに対し美輪は笑顔で「そうね。あなた、妄想族よ」と答えた)。さらに少々天然ボケなところもある。
渡辺美里とは親交が深く、アルバムにもコーラス参加をしている。

羽田美智子 - Wikipedia

Sweet Smile

YouTube - 羽田美智子 水着 セクシー

YouTube - hada_osiri

羽田美智子 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

YouTube - 羽田美智子 水着 セクシー

LesPros: Artists: 羽田 美智子

YouTube - hada_osiri

日曜劇場「サラリーマン金太郎3」

★★★

10/25波乱爆笑に登場。・・「自然を見ると会話ができる気がして・・話しかけるといいですよ・・」

羽田美智子さんは1968年、旧水海道市生まれ、高校卒業後、短大の秘書課へ進学・・友人の付き添いで行った占いで「芸能界へ進みなさい」と言われ芸能界入りを決意。「デビュー」という雑誌を買って、オーディションを受け、20歳のとき、大手化粧品会社のCMでデビュー。

秘書科だったので履歴書を書くことは得意だったけど、「一般事務の応募ですか??」と・・

羽田美智子さんは、23歳で映画「就職戦線異状なし」で女優デビュー。1994年の映画「RAMPO」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。1995年の映画「人でなしの恋」で日本アカデミー賞主演女優賞・・

羽田美智子さんは、バラエティ番組ではおとぼけ、天然ぶりを発揮・・「1回考えたことは心に落としてから口にするようにと子どものころから言われてました・・・イヌ見知りをするんです・・・??

羽田美智子さんの自宅には不思議なものがいっぱい・・ニュージーランドで拾ってきた石・・ギリシャで拾ってきた石・・さらにイタリア、ニューカレドニア・・さらに砂も・・「拾うのは最高に楽しい・・自然の産物で地球が作ったものに感動してしまう・・最後にはおいしそう・・」

ベランダには植物もいっぱい・・

羽田美智子さんは塩中毒・・バスソルト用塩や様々な塩を所有が・・

羽田美智子さんの鞄の中からは・・インフルエンザの予防になめているという梅エキス・・おなかもこわさなくなったとか・・

「食べ物を持ち歩かないと不安・・移動中の新幹線が止まったときのためにも・・」

羽田美智子さんはニオイフェチ・・目が悪いけど、鼻がいい。

ドラマで芦屋小雁さんからお菓子の差し入れがあったとき、食べ終わった箱に鶴の折り紙が入っていて、それを差し入れの品と勘違い・・



★★★★

NHK朝ドラ「ウェルかめ」ヒロイン・倉科カナ

ウェルかめ : NHK 朝ドラ情報

連続テレビ小説「ウェルかめ」
ウェルかめ - Wikipedia
【ウェルかめ】NHK 朝ドラ(朝の連続ドラマ小説)


NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』浜本哲也(石黒賢)

NHK朝ドラ「ウェルかめ」ヒロイン・倉科カナ

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ

◆美波の父・浜本哲也石黒賢):元プロサーファー。壮大な夢を抱いては問題を起こす。

夢:タヒチに自分の店を出す

現実:宿は妻の加代にまかせっきり。次々と夢の実現への計画を立てるが家計は火の車に・・

石黒賢(いしぐろけん、1966年1月31日 - )は日本の俳優。東京都出身。成城学園中学校高等学校、成城大学経済学部卒。 ソニー・ミュージックアーティスツ所属

父がプロテニスプレーヤーの石黒修であったこともあり、趣味はテニス。そのレベルの高さは、ドラマ『青が散る』で確認することができる。

デビュー当時は、有名人の二世という育ちの良さから正統派の若手俳優としてお坊ちゃん的イメージが強く、「好青年」「善人」役を演じることが多かったが、90年代後半から徐々に悪役に挑戦する機会も得て、その演技の幅も広がった。

また、さわやかな印象を持ち味にしているが、実はかなり毛深く、特に胸毛と眉毛が濃い。ドラマ『振り返れば奴がいる』などではその濃い胸毛がかなり露出されており胸毛俳優としても認知されている。

好きな音楽もヘヴィメタルが中心で、過去にガンズ・アンド・ローゼズの東京ドーム公演でポロシャツ姿のまま見に行ったこともあり「場違いだ」と思われたのか、他の客に睨まれたと音楽雑誌「炎」(シンコー・ミュージック)誌で語っていた。

俳優・織田裕二とは親友の仲

石原真理子の自叙伝で「過去に恋愛したことがある男」の一人として名前が書かれた。

石黒賢 - Wikipedia

★★★★

ウェルかめ : NHK 朝ドラ情報

連続テレビ小説「ウェルかめ」
ウェルかめ - Wikipedia
【ウェルかめ】NHK 朝ドラ(朝の連続ドラマ小説)

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』吉野鷺知(室井滋)

NHK朝ドラ「ウェルかめ」ヒロイン・倉科カナ

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ

◆社長兼編集長・吉野鷺知室井滋):雑誌を次々と創刊してきた。新人採用は趣味。

室井滋(むろい しげる、1958年10月22日 - )は、富山県滑川市生まれの日本の女優・ナレーター・エッセイスト。血液型O型。身長160cm、趣味はテニス。富山県立魚津高等学校卒業、早稲田大学社会科学部中退

「楽しいこともつらいことも人生の滋養に」と小説家志望の父から命名され[1]、一人っ子として育つ[2]。早稲田大学在学中にシネマ研究会に所属。長崎俊一、大森一樹、山川直人、山本政志、石井聰亙、阪本順治、松岡錠司、緒方明などとともに自主映画のフィールドで活躍。「自主映画の女王」と呼ばれる。

大学在学中の1981年、映画『風の歌を聴け』で劇場映画デビュー。1982年には、長崎俊一監督の自主制作8mm映画『闇打つ心臓』で内藤剛志と共演。大学は7年で中退。

1987年、映画『トットチャンネル』の使用曲「東京ブギウギ」 で歌手デビュー。

1988年、「恩田三姉妹」として小林聡美、もたいまさこと共演した『やっぱり猫が好き』がヒット。一躍人気者となる。

1992年、日本酒造組合中央会より酒豪ぶりが認められ日本酒大賞奨励賞を受賞。

1995年、渡邊孝好監督『居酒屋ゆうれい』(94)で報知映画賞最優秀助演女優賞・日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・キネマ旬報最優秀助演女優賞・ブルーリボン賞助演女優賞など数々の映画賞を受賞。

1996年に日本テレビのバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』に出演。短期間でレギュラーを脱退したが、その当時のキャラが活かされ[要出典]、2000年、同局のバラエティ番組『進ぬ!電波少年』の司会であった松本明子の妊娠休業中の代役として急遽抜擢された。

1999年、『のど自慢』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。同作での役名「赤城麗子」でCDシングル『おしどり涙』も発売した。

著述も行っており、1991年のデビュー作『むかつくぜ!』の他に、『東京バカッ花』『チビのお見合い』などの著書がある。

映画監督の長谷川和彦と同居している事が、週刊誌などでたびたび報道されている[3]。

その他 黒部峡谷鉄道の車内放送・案内のナレーションを担当している。

室井滋 - Wikipedia


★★★★

ウェルかめ : NHK 朝ドラ情報

連続テレビ小説「ウェルかめ」
ウェルかめ - Wikipedia
【ウェルかめ】NHK 朝ドラ(朝の連続ドラマ小説)

2009年12月05日

『つばさ』第13週「恋のバリケード」第76話・6/25

11年度NHK大河ドラマは三代将軍・家光の生母・江(ごう)の生涯を描いた『江〜姫たちの戦国〜』に

★★★

朝ドラ「つばさ」視聴率“ランク外”に転落
多部未華子さん(連続テレビ小説「つばさ」)いっぱいいっぱいです

私、テレビの味方です」多部未華子にセーラー服を着せるな!

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

ハチャメチャ&ぶっ飛び!? 多部未華子のアレ開花

NHK朝の連続テレビ小説つばさ第13週「恋のバリケード」(6/22〜6/27)
つばさ」第76話・6/25

つばさ(多部未華子)宇津木佑子から学生時代の加乃子(高畑淳子)の様子を聞き、今とは全然違っていたことを知る。おしとやかでいかにもお嬢様って感じ・・

翔太(小柳友)は懸命にリハビリ中

加乃子(高畑淳子)の変身の理由を斎藤浩徳(西城秀樹)から聞き、衝撃を受ける

加乃子(高畑淳子)は熱い思いを抱いていたとしても心の奥底に閉じ込めていた・・

駆け落ちに失敗し、結婚し子供を産み、店のため家族のために生きていた加乃子(高畑淳子)は・・ものすごく傷つくことがきっかけで変わったのだと、斎藤浩徳(西城秀樹)は話す

つばさの親友・宇津木万里(吉田桂子)の写真を破り捨てようとしていた知秋(冨浦智嗣加乃子(高畑淳子)は抱きしめながら

まわりが自分を心配していると「ダイジョーブ」って自分から言ってしまうような子・・心の底にある思いは誰もきづいてくれない、溜め込んではだめよ・・と言う

さらに・・宇津木泰典(金田明夫)加乃子(高畑淳子)あてに出したラブレターが出てきてしまう

残り2話で脚本家交代! TBS低視聴率ドラマ『スマイル』のドタバタ劇

竹雄(中村梅雀)
優花(畠山彩奈)ちゃん
真瀬(宅間孝行)

丸山伸子(松本明子)

『つばさ』第13週「恋のバリケード」第75話・6/24
『つばさ』第13週「恋のバリケード」第74話・6/23
『つばさ』第13週「恋のバリケード」第73話・6/22「結婚前のらぶらぶ期間」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第13週「恋のバリケード」(6/22〜6/27)
『つばさ』第12週「男の女の歌合戦」

NHKスタジオパークからこんにちは・・『つばさ』から手塚理美さん
オレ様社長・真瀬(宅間孝行)さんが「スタジオパークからこんにちは」

『つばさ』第11週「愛の複雑骨折」

★★★

もう一度観たいドラマ第1位は「花より男子」!3位は意外にも13年前の「ロンバケ」
フジ系「救命病棟24時」、撮影再開
6回放送と思っていたら8回だったキムタク・ドラマは異例の連続

オードリー 若手芸人No.1
内山理名主演で「篤姫」舞台化
松嶋菜々子「ジャングル大帝」声優に初挑戦
若手清純派女優 成海璃子に何があったのか

「西川綾」ってだれ? 韓国ネット上で検索1位に

★★★

『つばさ』第10週「愛と憎しみの川越」
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第9週『魔法の木の下で』
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第8週「親子の忘れ物」(5/18〜5/23)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第8週「親子の忘れ物」
『つばさ』第7週「もうひとつの家族」(5/11〜5/16)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第6週「父のぬくもり」(5/3〜5//8)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第5週「運命の人」(4/27〜5/2)

加乃子(高畑淳子)さん、「ウチゴハン」へ出演
3/30スタート、『つばさ』キャスト・登場人物(つばさ他玉木家
大河ドラマ篤姫で家定の母・本寿院を熱演中・高畑淳子さん「スタジオパークからこんにちは」に登場

. 多部未華子 オフィシャルサイト
. YouTube - 多部未華子

. つばさ : NHK 朝ドラ情報
連続テレビ小説「つばさ」

★★★テレビドラマ話題

深キョンまたセクシ〜!ドロンジョの次はエリートスパイ…長瀬と5年ぶり共演
草なぎ 黒木メイサと“任侠ヘルパー”対決笑いコンビ・はんにゃが“月9”ドラマで初レギュラー出演&本格俳優デビュー

★★★

エコレシピ★テレビ朝日 節約エコレシピ名人 芸能界No.1決定戦 より

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。