2009年04月12日

山口翔悟★NHK朝の連続テレビ小説『だんだん』石橋友也

下ネタ連発!?ギラギラ蔵之介 TBS系新ドラマ「ハンチョウ

理想のチームワークで社会正義を貫く刑事ドラマ

TBS系ドラマ「ハンチョウ〜神南署安積班〜」(13日スタート、月曜午後8時)

桜井太一郎(26)役

安積班の最年少。
上司や先輩の言うことを良く聞き、指示を忠実に守って行動する素直な青年。
自分のデカとしての経験が浅いことを自覚しており、自分の立場をわきまえて行動する。
班の先輩全員を好きで尊敬している。
人の良いところを見つけるのが得意。
経験不足のせいか、死体はまだ苦手 

TBSテレビ 「ハンチョウ」 キャラクター紹介

★★★

NHK朝の連続テレビ小説秋の新作は、徳島県美波町が舞台の『ウェルかめ』

運命の再会を果たした双子の絆を描く。脚本:森脇京子

主題歌「縁(えにし)の糸、語り:竹内まりや

生まれてすぐに離れ離れになった18歳の双子の姉妹が、運命的に再会し、一緒に歌手を目指す。

だんだん」とは出雲弁で「ありがとう」の意味

NHK朝の連続テレビ小説だんだん

石橋友也山口翔悟
田島めぐみと一条のぞみのマネージャー。大手芸能事務所サニーミュージック の社員

山口翔悟やまぐちしょうご、1983年2月19日 - )は、日本の俳優である。本名、山口 達也(やまぐち たつや)。所属事務所はサンミュージックブレーン。愛知県名古屋市出身。東邦高等学校卒。兄、姉がいる三人兄弟の末っ子。血液型O型。

サンミュージック・アーティスト・アカデミー(SAA)名古屋校出身(3期生)。祖母が本人に黙って養成所に履歴書を送ったことから俳優の道に入る。当初は本名で活動していた。

2000年2月、SAAサイトの自己PR欄に「自然体で自分を活かして頑張りたいです。絶対Bigになってやる。」とコメント。

2000年9月頃、山口 翔吾(やまぐち しょうご)に改名。これは本名がTOKIOの山口達也、NHK鹿児島放送局の山口達也アナウンサーと同姓同名であったことも少なからず関係していたと思われる。その後、再度改名して現在に至る(翔吾 → 翔悟)。

2001年1月、オリジナルビデオ作品『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』にて主人公・ウルトラマンティガ/マドカツバサ役を演じ、本格的な俳優デビューを果たす。偶然にもティガとリュウケンドー(後述)の基本スタイルは青で色々なタイプにフォームチェンジする。後年彼は「ティガの事は中学の頃に知っていたので中学の頃に見ていたティガに変身するとは夢にも思わなかった」と語っている。

2006年1月からは、特撮テレビドラマ『魔弾戦記リュウケンドー』に主人公・鳴神剣二(リュウケンドー)役として出演。テレビドラマの主演はこの作品が初めてである。この作品では変身前のアクションにも多く挑戦、アクションを担当した剣武会からは「立ち回りがうまい」と評判である。また自らゴッドリュウケンドーのスーツを着てアクションをしたこともある。なおリュウケンドーのスーツアクター山口照雄は、偶然にも山口翔悟の実父と漢字まで同じの同姓同名で、珍しいケースとなった。

2008年9月から、朝の連続テレビ小説「だんだん」に出演中。オーディションで約500人の中からヒロイン2人の相手役に選ばれた。

2008年12月の「トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!」では鳴神剣ニを思わせるスガジャン刑事を演じた。

魔弾戦記リュウケンドー(2006年1月 - 12月、テレビ愛知・テレビ東京系) - 主演・鳴神剣二/リュウケンドー 役
木曜劇場・小早川伸木の恋(2006年、フジテレビ) - 金井潤 役
レガッタ〜君といた永遠〜(2006年7月 - 9月、ABC・テレビ朝日系) - 木下祐一 役
麗わしき鬼(2007年4月 - 6月、東海テレビ) - 眉川太郎 役
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年、フジテレビ) - 第5、6話・喜志 役
モップガール (2007年、テレビ朝日)- 第7話・尾関ヒカル 役
連続テレビ小説・だんだん(2008年9月 - 2009年3月、NHK) - 石橋友也 役
山口翔悟 - Wikipedia

2. サンミュージックブレーン
3. ゲイゲイしい日々 山口翔悟くんのベッドシーン - ドラマ「麗わしき鬼」
4. 山口翔悟くん
5. 舞 : 石橋友也役山口翔悟インタビュー


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。