2009年12月24日

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』吉野鷺知(室井滋)

NHK朝ドラ「ウェルかめ」ヒロイン・倉科カナ

NHK朝の連続テレビ小説『ウェルかめ

◆社長兼編集長・吉野鷺知室井滋):雑誌を次々と創刊してきた。新人採用は趣味。

室井滋(むろい しげる、1958年10月22日 - )は、富山県滑川市生まれの日本の女優・ナレーター・エッセイスト。血液型O型。身長160cm、趣味はテニス。富山県立魚津高等学校卒業、早稲田大学社会科学部中退

「楽しいこともつらいことも人生の滋養に」と小説家志望の父から命名され[1]、一人っ子として育つ[2]。早稲田大学在学中にシネマ研究会に所属。長崎俊一、大森一樹、山川直人、山本政志、石井聰亙、阪本順治、松岡錠司、緒方明などとともに自主映画のフィールドで活躍。「自主映画の女王」と呼ばれる。

大学在学中の1981年、映画『風の歌を聴け』で劇場映画デビュー。1982年には、長崎俊一監督の自主制作8mm映画『闇打つ心臓』で内藤剛志と共演。大学は7年で中退。

1987年、映画『トットチャンネル』の使用曲「東京ブギウギ」 で歌手デビュー。

1988年、「恩田三姉妹」として小林聡美、もたいまさこと共演した『やっぱり猫が好き』がヒット。一躍人気者となる。

1992年、日本酒造組合中央会より酒豪ぶりが認められ日本酒大賞奨励賞を受賞。

1995年、渡邊孝好監督『居酒屋ゆうれい』(94)で報知映画賞最優秀助演女優賞・日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・キネマ旬報最優秀助演女優賞・ブルーリボン賞助演女優賞など数々の映画賞を受賞。

1996年に日本テレビのバラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』に出演。短期間でレギュラーを脱退したが、その当時のキャラが活かされ[要出典]、2000年、同局のバラエティ番組『進ぬ!電波少年』の司会であった松本明子の妊娠休業中の代役として急遽抜擢された。

1999年、『のど自慢』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。同作での役名「赤城麗子」でCDシングル『おしどり涙』も発売した。

著述も行っており、1991年のデビュー作『むかつくぜ!』の他に、『東京バカッ花』『チビのお見合い』などの著書がある。

映画監督の長谷川和彦と同居している事が、週刊誌などでたびたび報道されている[3]。

その他 黒部峡谷鉄道の車内放送・案内のナレーションを担当している。

室井滋 - Wikipedia


★★★★

ウェルかめ : NHK 朝ドラ情報

連続テレビ小説「ウェルかめ」
ウェルかめ - Wikipedia
【ウェルかめ】NHK 朝ドラ(朝の連続ドラマ小説)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。