2010年08月28日

村上真知子★安田成美

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

村上真知子安田成美):あかりの母。広島市内の出身。夫・錠が営む村上鉄工所を手伝いながら、3人の子どもを育ててきた、肝っ玉かあさん。18年前、あかりの実母・千春と偶然出会い、その後千春が急逝したため、あかりを我が子同然に愛情深く育ててきた。突然現れた初音の存在に驚き混乱する家族をよそに、ひとり気丈に振る舞う。広島と尾道のお好み焼きをミックスした真知子オリジナルのお好み焼きは、家族の大好物である。

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

安田成美(やすだ なるみ、1966年11月28日 - 、本名:木梨 成美(きなし なるみ)[1])は日本の女優である。東京都文京区出身。血液型はB型

兄、姉、妹がいる4人兄弟の二女として生まれる。小学生の頃は学級委員や児童会長を務めていた[2]。

中学3年の時にスカウトされ[1]、1981年に花王ビオレのCMでデビュー。翌年にドラマ『ホーム・スイート・ホーム』で女優デビュー。女子美術大学付属高校に進学したが、芸能活動の多忙により中退、のちに大学入学資格検定を受け、明治学院大学に進学するがやはり多忙のため2年で中退[2]。

1984年、約7500人の中から抜擢され、アニメ映画『風の谷のナウシカ』のシンボル・テーマソング(イメージソング)で歌手デビュー、曲は大ヒットとなった。

1989年に出演した『同・級・生』以後、トレンディードラマのブームに乗り主演ドラマが相次いでヒット。

1994年、NHK朝のテレビ小説『春よ、来い 』の主演を務めるも途中降板し、同年、映画『そろばんずく』で共演した木梨憲武と結婚。翌年に長男、1999年に二男を出産。

休業を経て2000年、日本テレビのドラマ『リミット もしも、わが子が…』で復帰。2001年『大河の一滴』で7年ぶりに映画主演を務めた。2003年、長女を出産、再び休業期に入る。

2004年頃から、夫と共に麻布にて「3116 GALLERY CAFE」というカフェの経営を始める[2]。

2006年4月、ドラマ『さいごの約束』で復帰
突如のドラマ降板
NHK朝のテレビ小説『春よ、来い』で、当初は安田が1年間ヒロインを演ずる予定で、1週目に夫の癌に動揺する老齢のヒロインを安田が老けメイクで演ずるシーンがあったが、太平洋戦争を描いたシーンの後に突如降板した。降板に際し、降板理由は定かではない(阿部嘉昭「野島伸司というメディア」15頁。吉田豪「人間コク宝2」73頁)。この件に対し『春よ、来い』原作、脚本の橋田壽賀子が「飼い犬に手を噛まれた」と発言して波紋を呼んだ(阿部嘉昭「野島伸司というメディア」13頁)。代役は中田喜子が務めた。また、2010年、連続テレビ小説『てっぱん』でヒロインの母親役を演じることが決定し、この作品でNHKの朝ドラに16年ぶりに出演することとなった

安田成美 - Wikipedia

てっぱん

NHK次期朝ドラ『てっぱん』の“語り”に中村玉緒 芸歴50年で初ナレーション
遠藤憲一は剛柔自在!コワモテ悪役、朝ドラ父親役…なんでもござれで引っ張りだこ
安田成美、16年ぶりNHK連ドラ
“朝ドラ”「てっぱん」の祖母役・富司純子はヒロインの瀧本美織にぞっこん!?
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

ポスト竹内結子 瀧本美織

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

★★★8/27

玉木宏“元サヤ”加藤ローサと3年ぶり復活愛

11年度は小1、小2を35人化=6300人の教員増要求へ―文科省


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。