2010年11月02日

てっぱん・大阪・田中荘の人々、浜勝の人々、ほか

<てっぱん>第1週の平均視聴率は17.7% 「ゲゲゲ」上回る好スタート

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

大阪・田中荘の人々

◆田中初音(たなか はつね):富司純子
下宿屋「田中荘」の大家。あかりと生き別れになった母方の祖母。千春の母。夫を早くに亡くしている。第1週の時点で67歳。千春と暮らしていた頃、田中荘の一角で「ちはる」という名のお好み焼き屋を開いていた。
初対面の際、トランペットを海に投げ捨てたため、あかりを激怒させる。20年前に家を飛び出した千春の消息を求めて村上家を訪ねるまで、千春の死や孫・あかりの存在を知らなかった。
当初、あかりや真知子からは尾道の奇祭「ベッチャー祭り」にちなんで「ベッチャー」と呼ばれていた。

◆西尾冬美(にしお ふゆみ):ともさかりえ
第1週の大阪の商店街夏ライブでトランペット奏者が見つからず、イベントが中止になると騒いでいた際、千春の形見のトランペットを返しに大阪を訪れていたあかりをたまたま見つけ、イベントへ引っ張り出した。
モデルの「ジェシカ」とも名乗るが、実際はスーパーのチラシのモデル。その後、チラシの仕事も来なくなり、うどん屋で岡持ち運びをしている。
尾道にちなんで、あかりを「おのみっちゃん」と呼んでいる。

◆滝沢 薫(たきざわ かおる):長田成哉
実業団の駅伝選手。故障のため強豪チームを解雇され、数段格下のチームに拾われた。その後、合宿所を飛び出し、あかりと同じ日に田中荘に下宿する。
かつて箱根駅伝で10人抜きをした実績を持つ。その頃を知る欽也は彼のファンである。
冬美からは「駅伝君」と呼ばれている。

◆中岡 徹(なかおか とおる):松尾諭
会社員(プログラマー)。妻と離婚後、息子と共に田中荘に下宿している。

◆中岡民男(- たみお):前田航基(まえだまえだ)
徹の一人息子。

◆笹井拓朗(ささい たくろう):神戸浩
田中荘で最も古くから暮らしている下宿人。人付き合いが苦手。

大阪・浜勝の人々

◆浜野 一(はまの はじめ):趙a和
鰹節問屋「浜勝」の3代目社長。商店街夏ライブであかりと出会い、翌年、失業がきっかけで仕事を探していたあかりを自社の従業員として雇う。
冬美と同じく、あかりを「おのみっちゃん」と呼んでいる。
商店街バンドでのトロンボーンの演奏に情熱を傾けており、また、経営者としての能力に欠けているところがあるため、小夜子には頭が上がらない。

◆松下小夜子(まつした さよこ):川中美幸
浜勝の事務員。会社を切り盛りしている。始めはあかりを雇うことに反対する。
神田栄治(かんだ えいじ):赤井英和
浜勝の職人。鰹節を削って30年のベテラン。ダジャレ好き。あかりの住まいとして田中荘を紹介する。

大阪の人々

◆長谷川 伝(はせがわ でん):竜雷太
かつて、工務店を経営。田中荘の大工仕事をすることもある。

◆岩崎 潤(いわさき じゅん):柏原収史
音大の講師。浜野が所属する商店街バンドを指導している。

◆根本孝志(ねもと たかし):松田悟志
滝沢が所属する駅伝チームのコーチ。滝沢の才能を高く評価している。

てっぱん - Wikipedia

てっぱん・登場人物・キャスト

てっぱん。第4週・第20回「食べ物が可哀想じゃ・・」

てっぱん・第3週「大阪てんてこまい」(10/11〜10/16)
てっぱん・第2週「18歳の決断」
てっぱん・第1週「ばあちゃんがきた」

てっぱん話題

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

●次期ドラマ「おひさま

次期朝ドラ『おひさま』ヒロイン・井上真央の両親に寺脇康文、原田知世 追加キャスト15名発表

朝ドラに井上真央「驚きました」予想外の“大物”起用
NHK来春朝ドラは『おひさま』 ヒロイン・井上真央がNHKドラマ初主演8



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。