2009年04月12日

山口翔悟★NHK朝の連続テレビ小説『だんだん』石橋友也

下ネタ連発!?ギラギラ蔵之介 TBS系新ドラマ「ハンチョウ

理想のチームワークで社会正義を貫く刑事ドラマ

TBS系ドラマ「ハンチョウ〜神南署安積班〜」(13日スタート、月曜午後8時)

桜井太一郎(26)役

安積班の最年少。
上司や先輩の言うことを良く聞き、指示を忠実に守って行動する素直な青年。
自分のデカとしての経験が浅いことを自覚しており、自分の立場をわきまえて行動する。
班の先輩全員を好きで尊敬している。
人の良いところを見つけるのが得意。
経験不足のせいか、死体はまだ苦手 

TBSテレビ 「ハンチョウ」 キャラクター紹介

★★★

NHK朝の連続テレビ小説秋の新作は、徳島県美波町が舞台の『ウェルかめ』

運命の再会を果たした双子の絆を描く。脚本:森脇京子

主題歌「縁(えにし)の糸、語り:竹内まりや

生まれてすぐに離れ離れになった18歳の双子の姉妹が、運命的に再会し、一緒に歌手を目指す。

だんだん」とは出雲弁で「ありがとう」の意味

NHK朝の連続テレビ小説だんだん

石橋友也山口翔悟
田島めぐみと一条のぞみのマネージャー。大手芸能事務所サニーミュージック の社員

山口翔悟やまぐちしょうご、1983年2月19日 - )は、日本の俳優である。本名、山口 達也(やまぐち たつや)。所属事務所はサンミュージックブレーン。愛知県名古屋市出身。東邦高等学校卒。兄、姉がいる三人兄弟の末っ子。血液型O型。

サンミュージック・アーティスト・アカデミー(SAA)名古屋校出身(3期生)。祖母が本人に黙って養成所に履歴書を送ったことから俳優の道に入る。当初は本名で活動していた。

2000年2月、SAAサイトの自己PR欄に「自然体で自分を活かして頑張りたいです。絶対Bigになってやる。」とコメント。

2000年9月頃、山口 翔吾(やまぐち しょうご)に改名。これは本名がTOKIOの山口達也、NHK鹿児島放送局の山口達也アナウンサーと同姓同名であったことも少なからず関係していたと思われる。その後、再度改名して現在に至る(翔吾 → 翔悟)。

2001年1月、オリジナルビデオ作品『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』にて主人公・ウルトラマンティガ/マドカツバサ役を演じ、本格的な俳優デビューを果たす。偶然にもティガとリュウケンドー(後述)の基本スタイルは青で色々なタイプにフォームチェンジする。後年彼は「ティガの事は中学の頃に知っていたので中学の頃に見ていたティガに変身するとは夢にも思わなかった」と語っている。

2006年1月からは、特撮テレビドラマ『魔弾戦記リュウケンドー』に主人公・鳴神剣二(リュウケンドー)役として出演。テレビドラマの主演はこの作品が初めてである。この作品では変身前のアクションにも多く挑戦、アクションを担当した剣武会からは「立ち回りがうまい」と評判である。また自らゴッドリュウケンドーのスーツを着てアクションをしたこともある。なおリュウケンドーのスーツアクター山口照雄は、偶然にも山口翔悟の実父と漢字まで同じの同姓同名で、珍しいケースとなった。

2008年9月から、朝の連続テレビ小説「だんだん」に出演中。オーディションで約500人の中からヒロイン2人の相手役に選ばれた。

2008年12月の「トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!」では鳴神剣ニを思わせるスガジャン刑事を演じた。

魔弾戦記リュウケンドー(2006年1月 - 12月、テレビ愛知・テレビ東京系) - 主演・鳴神剣二/リュウケンドー 役
木曜劇場・小早川伸木の恋(2006年、フジテレビ) - 金井潤 役
レガッタ〜君といた永遠〜(2006年7月 - 9月、ABC・テレビ朝日系) - 木下祐一 役
麗わしき鬼(2007年4月 - 6月、東海テレビ) - 眉川太郎 役
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年、フジテレビ) - 第5、6話・喜志 役
モップガール (2007年、テレビ朝日)- 第7話・尾関ヒカル 役
連続テレビ小説・だんだん(2008年9月 - 2009年3月、NHK) - 石橋友也 役
山口翔悟 - Wikipedia

2. サンミュージックブレーン
3. ゲイゲイしい日々 山口翔悟くんのベッドシーン - ドラマ「麗わしき鬼」
4. 山口翔悟くん
5. 舞 : 石橋友也役山口翔悟インタビュー


2009年04月10日

NHK連続テレビ小説『だんだん』田島嘉子:鈴木砂羽

「今、もてるよー」米倉涼子&鈴木砂羽(グータンヌーボ)

★★★2009.4★★★

長澤まさみがオトナの色香でオダジョーを翻弄
まさみ&オダジョー兄妹役で初共演

4月19日スタートはオダギリジョー長澤まさみが兄弟を演じるヒューマンドラマ「ぼくの妹

◆瀬川茂子(鈴木砂羽): 瀬川欽也(田中哲司)の妻・・

★★★

運命の再会を果たした双子の絆を描く。脚本:森脇京子

NHK朝の連続テレビ小説だんだん

この人物のオモテとウラ 三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方


田島嘉子鈴木砂羽
田島めぐみの育ての親。
年下の忠(吉田栄作)
を慕い、乳飲み子を連れて帰ってきたときに何も聞かず再婚。

めぐみと実子の健太郎を分け隔てなく育てる。39歳

鈴木砂羽

(すずき さわ、1972年9月20日 - )は、静岡県浜松市中区出身

美術の才能は両親譲りで、文学座で研究生として学ぶ(実は高校時代から『極道の妻たち』のファンだった)。

文学座研究所を卒業後、『愛の新世界』で主演。片岡礼子とともに日本映画史上初のヘアヌードシーンに挑戦し、一躍注目を集めた(ブルーリボン新人賞、キネマ旬報新人賞、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞受賞)。

鈴木砂羽 - Wikipedia

だんだん★登場人物(出典: フリー百科事典『ウィキペディア

★★★

朝ドラでボクサー姿の栄作「死ぬかと…」
マナカナ、12年ぶりに朝の連ドラ出演!
榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ9月18日
NHK朝ドラ再登板「マナカナ」の携帯サイトがオープン(8/5)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
マナカナの知られざる"過去"が暴露される!? - NHK朝ドラ『だんだん』会見(4/26)
茉奈佳奈が史上初NHK朝ドラ2度目ヒロイン
<マナカナ>NHK朝ドラ12年ぶり主役 「だんだん」制作発表

だんだん : NHK 朝ドラ情報

◆連続テレビ小説「だんだんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/dandan/

@niftyテレビ番組表 - 「だんだん」特集

マナ・カナのスマイルブログ

2009年03月02日

●花村久乃:藤村志保

NHK朝の連続テレビ小説『だんだん


花村久乃藤村志保
京都・祇園の置屋兼お茶屋「花村」の女将。

藤村志保(ふじむら しほ、1939年1月3日 - )は日本の女優。神奈川県川崎市出身。本名は、静永操(しずなが みさお)。旧姓、薄(すすき)。芸名は、デビュー作「破戒」の役名「志保」とその作品の原作者島崎藤村に由来している

フェリス女学院卒業。1961年大映演技研究所に入所。1962年に「破戒」に出演し、各種新人賞を受賞。大映のスター女優として主に時代劇で活躍。テレビドラマにも進出し、1965年のNHK大河ドラマ「太閤記」のねね役を好演し人気女優に。その後も、各種ドラマ・映画・舞台など幅広く活躍。気品溢れる佇まいと高い演技力は専門家からも評価を得ており、『風林火山』での演技が認められ第59回NHK放送文化賞を受賞した。

また、1985年には臓器移植を取材して『脳死をこえて』を書き上げ第6回読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞を受賞、同著はテレビドラマ化もされている

ひまわり(1996年、NHK連続テレビ小説)
温泉へ行こう!1〜5(1999年 - 2005年、TBS愛の劇場)
柳橋慕情(2000年、NHK時代劇ロマン)
御家人斬九郎 第7話「母の夢」(2002年、CX)
ホーム&アウェイ(2002年、フジテレビ)
女と愛とミステリー「さすらい署長 風間昭平・みちのく北上川殺人事件」(2003年、テレビ東京)
てるてる家族(2003年 - 2004年、NHK連続テレビ小説)
向田邦子の恋文(2004年、TBS)
不機嫌なジーン(2005年、フジテレビ)
柳生十兵衛七番勝負 島原の乱 第4話「慈父の剣」(200年、NHK)
風林火山(2007年、NHK大河ドラマ) 寿桂尼役
だんだん(2008年 - 2009年、NHK連続テレビ小説) 花村久乃役

藤村志保 - Wikipedia

藤村志保 プロフィール
藤村志保 OFFICIAL HOME PAGE
天漢日乗: NHK連続テレビ小説「だんだん」 藤村志保が京都パートを救っ ...
Yahoo!セカンドライフ 親のこと選択のとき 女優 藤村志保さん

藤村志保 OFFICIAL HOME PAGE
吉田栄作、藤村志保、きもののこと、「だんだん」三連想 - 白央篤司の ...

@niftyテレビ番組表:NHK連続テレビ小説「だんだん」特集
藤村志保 無料動画−GyaOキーワードバンク
花村 久乃(藤村志保):キャスト紹介:連続テレビ小説「だんだん ...
藤村志保 プロフィール - goo ニュース
タグ:藤村志保

2008年11月21日

NHK連続テレビ小説『だんだん』●田島忠:吉田栄作

11/19、吉田栄作さんが、「スタジオパークからこんにちは」に登場!!
吉田栄作★スタジオパークからこんにちは

吉田栄作が元世界王者の山口圭司と戦った
吉田栄作が13年ぶりにCM出演
朝ドラでボクサー姿の栄作「死ぬかと…」

朝ドラ『だんだん』から石田ひかりさん NHKスタジオパークに登場
NHK朝ドラ見直しへ 視聴率低迷 全国一巡契機に

★★★

運命の再会を果たした双子の絆を描く。脚本:森脇京子

NHK朝の連続テレビ小説だんだん

生まれてすぐに離れ離れになった18歳の双子の姉妹が、運命的に再会し、一緒に歌手を目指す。

『だんだん』話題

田島忠吉田栄作
田島めぐみと一条のぞみの実の父親。松江市宍道湖のシジミ漁師。
大阪で仕事と結婚に失敗し、故郷松江に戻った。
過去を封印しており めぐみ(三倉茉奈)が歌手になることに反対。37歳

吉田栄作

(よしだ えいさく、1969年1月3日 - )は、神奈川県秦野市出身の俳優、歌手。所属事務所はワタナベエンターテインメント。矢沢永吉と浜田省吾を尊敬している。 妻はモデルの平子理沙。182cm(実際の身長は184cmと『ぶっちゃけ!99』、また『2時っチャオ!』でも発言)、72kg。

1988年に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でのグランプリ獲得がきっかけとなり、映画『ガラスの中の少女』でスクリーン・デビュー。阿部寛、風間トオルらと共にモデルやモデルオーディション上がりという、新しいタイプのイケメン俳優のハシリだった。当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年、当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わす『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ。吉田らが俳優としても成功を収めたことで、モデル上がりは顔だけで中身が無い、と言われる事なく、多くの後続が続いた。なお現在隆盛を極めているモデル上がりの女優、女性タレントはこの頃はまだ存在しなかった。吉田らの成功は、演技力は別として男女タレントのルックスを大きく向上させたといえる。

1989年に『どうにかなるさ〜Chasing My Dream』で歌手としてもデビュー。1990年・1991年に紅白歌合戦出場。(1990年は『心の旅』、1991年は『もしも君じゃなきゃ』を歌唱)

1990年代は加勢大周・織田裕二と3人で「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれ、吉田は長男格であった。しかし、あまりにも自尊心の高さをアピールする芸風が一時一人歩きし、1995年に芸能界を一時期休業。役者修業のため渡米。この時期にモデルの平子理沙と結婚した事にかこつけて「ヒモ」と揶揄する芸能マスコミが多かった。

1998年に帰国後、ドラマ『流通戦争』(NHK系)で国内での俳優業に復帰。その後、『マネーの虎』(NTV)の司会者として人気を博する。以来、精力的にテレビドラマや新国立劇場での舞台演劇等に出演し、優れた演技で高い評価を得る。

デビューからまもなく大ブレイクした年にベストジーニスト賞を受賞。感想を求められ、「受賞出来ると思ってました。来年は加勢大周くんにあげてください」とコメント。とにかく強気で自尊心が強く、ドッキリ番組(自転車でトレーニング中に無免許≠ナ検挙されるという仕掛け)で馬鹿にされたことに怒り、テレビ番組と分かった後もセットを蹴飛ばし、ニコリともせず走り去ったことがある。

芸能活動一時休止以前は、「俺はアーティスト」と自らを総合的な芸術家と考えているコメントが多かった。
帰国後は、実力派の俳優として地に足の着いた活動を続けており、『亡国のイージス』などでは演技力を評価する声も多い。

吉田栄作のclub A・M・B(ワタナベエンターテインメントによるページ。本人のブログ)

吉田栄作 - Wikipedia

だんだん★登場人物(出典: フリー百科事典『ウィキペディア

★★★

朝ドラでボクサー姿の栄作「死ぬかと…」
マナカナ、12年ぶりに朝の連ドラ出演!
榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ9月18日
NHK朝ドラ再登板「マナカナ」の携帯サイトがオープン(8/5)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
マナカナの知られざる"過去"が暴露される!? - NHK朝ドラ『だんだん』会見(4/26)
茉奈佳奈が史上初NHK朝ドラ2度目ヒロイン
<マナカナ>NHK朝ドラ12年ぶり主役 「だんだん」制作発表

だんだん : NHK 朝ドラ情報

◆連続テレビ小説「だんだんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/dandan/

@niftyテレビ番組表 - 「だんだん」特集

マナ・カナのスマイルブログ

スタジオパークからこんにちは

2008年10月13日

NHK連続テレビ小説『だんだん』三倉茉奈&三倉佳奈

10/11(土)、「スタジオパークからこんにちは」に登場

1996年「ふたりっ子」から12年・・22歳になったマナカナさん

夢花役の三倉佳奈さんは、石田ひかりさんに「ドリーム」ちゃんと呼ばれているそう

二人で同じ男性を好きなったことはある??・・・「ありません・・」


朝ドラ『だんだん』から石田ひかりさん NHKスタジオパークに登場

★★★

「だんだん」上がる!?マナカナ初回視聴率16.8%
<NHK>「だんだん」初回平均視聴率は16.8%
この人物のオモテとウラ 三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方


運命の再会を果たした双子の絆を描く。脚本:森脇京子

NHK朝の連続テレビ小説だんだん

生まれてすぐに離れ離れになった18歳の双子の姉妹が、運命的に再会し、一緒に歌手を目指す。

だんだん」とは出雲弁で「ありがとう」の意味

田島めぐみ三倉茉奈
路上ライブ好きな女子高生。
自然の中で自由奔放に育った。歌が何よりも好きでアマチャバンド「シジミジル」のボーカル。心優しく友達思い

●一条のぞみ(夢花):三倉佳奈
京都花街の芸妓の娘で芸一筋に生きる舞妓。
伝統と格式の花柳界で厳しく育てられた芸の道一筋の芸妓。
仕事で呼ばれた松江でめぐみ三倉茉奈と運命的な出会いを果たす。

三倉茉奈(みくら まな) と三倉佳奈(みくら かな)

誕生日は共に1986年2月23日

大阪府大阪市平野区生まれ。一卵性双生児で血液型はO型。茉奈が姉、佳奈が妹。7分違いで誕生した。

左目の下にほくろがある方が、妹の佳奈。本人達は「『ほくろカナ』と覚えて欲しい」と言う。子どもの頃は今よりも見分けがつかなかったらしく、『ふたりっ子』(NHK)で携わったスタッフや共演した菊池麻衣子も、2人の母親にこっそり「どっち?」と尋ねていた。
立ち位置は通常向かって左が茉奈、右が佳奈である。ノリの良い関西弁のコンビであるため芸人的なネタ振りをされることも多いが、基本的に芸人ではなく女優であるため、ボケ・ツッコミの分担は無い。

茉奈は頬をぷっくり膨らませた表情や「ア」または「オ」と発音するときの表情をすることが多く、その表情のまま首を傾げる仕草、頷く仕草をすることも多い。

佳奈は前歯を見せた状態で「イ」と発音するときの表情をすることが多く、質問する側になった場合には「?」のタイミングでクイッと首を傾げる仕草をすることも多い。

横顔で見た場合、茉奈の方がより鼻先が丸く、佳奈の方がより鼻先が三角である。

2人の話し声は同質ではあるが、茉奈がより高め、佳奈がより低めの声となっている。

2人の歌声についてもほぼ同質だが、茉奈はより丸く透明感のある素直な歌声、佳奈はよりパンチの効いた歌声・艶のある低音の歌声を持っておりハモリでは相乗効果をもたらす。

それ以外に「実は佳奈の方が5mmほど身長が高い」「茉奈の方が乾燥肌である」との情報もあるが、それらの特徴から見分けることは困難である。

茉奈 = 「真面目で寂しがり屋で自分に正直で、不器用。そして、いろいろ頭で考えたり、気ぃ遣ったりするタイプ」
佳奈 = 「真面目で真っ直ぐで、サバサバしていて、プラス思考だけど、一回落ち込んだらひたすら考え込んじゃう。でも次の日の朝にはもうスッキリしてるような、楽観的な性格」

佳奈の方がやや涙もろい。一途にがんばっている人を見た時や、自分たちを支えてくれる人々がいることを実感するような場面で涙することが多いようである

「よりしっかりしているのは佳奈」「より子供っぽいのは茉奈」ということで2人の認識は一致している

好きな食べ物について、茉奈は、果物(柑橘系)・うどん・親子丼・牡蠣を、

佳奈は、果物(林檎系)・うどん・鶏肉料理・牡蠣を挙げている。

マナカナ - Wikipedia

★★★

この人物のオモテとウラ 三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方

朝ドラでボクサー姿の栄作「死ぬかと…」
マナカナ、12年ぶりに朝の連ドラ出演!
榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ9月18日
NHK朝ドラ再登板「マナカナ」の携帯サイトがオープン(8/5)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
マナカナの知られざる"過去"が暴露される!? - NHK朝ドラ『だんだん』会見(4/26)
茉奈佳奈が史上初NHK朝ドラ2度目ヒロイン
<マナカナ>NHK朝ドラ12年ぶり主役 「だんだん」制作発表

だんだん : NHK 朝ドラ情報

◆連続テレビ小説「だんだんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/dandan/

@niftyテレビ番組表 - 「だんだん」特集

マナ・カナのスマイルブログ

2008年10月09日

だんだん★登場人物

この人物のオモテとウラ 三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方

NHK連続テレビ小説『だんだん』第1週「赤いスイトピー」第1回
NHK連続テレビ小説『だんだん』第1週「赤いスイトピー」

★★★

だんだん』は、2008年9月29日に放送開始予定の79作目の連続テレビ小説である。NHK大阪放送局制作で、大阪放送局制作の作品としては32作目。全150回予定。脚本は森脇京子

主人公はマナカナ。2人は1996-97年に「ふたりっ子」ですでに朝ドラのヒロインの子供時代を演じた経験があり、ヒロインの子供時代を演じた女優がヒロインを演じるのは史上初である。

だんだん」とは出雲弁で「ありがとう」の意味。島根県が連続テレビ小説の主な舞台になるのは今回が初めて。

主な舞台は島根県及び京都府。産まれてすぐに離れ離れとなり、島根県と京都府でそれぞれ育ったヒロインの双子をマナカナが演じる。

三倉茉奈演じる田島めぐみが、京都へ進学したことをきっかけに三倉佳奈演じる一条のぞみと一緒に住むことになる。2人は歌手としての道を渡っていくが、それぞれやりたいことを見つけ解散し新しい一歩を歩み出す。

登場人物

田島めぐみ三倉茉奈
路上ライブとしじみカレーが好きな女子高生。

一条のぞみ(夢花):三倉佳奈
京都花街の芸妓の娘で芸一筋に生きる舞妓。

田島忠吉田栄作
田島めぐみ三倉茉奈)と一条のぞみ(夢花)(三倉佳奈)の実の父親。松江市宍道湖のシジミ漁師。

一条真喜子(花雪)石田ひかり
田島めぐみ三倉茉奈)と一条のぞみ(夢花)(三倉佳奈)の生みの親。

田島嘉子鈴木砂羽
田島めぐみ三倉茉奈)の育ての親。

田島健太郎木咲直人
田島めぐみ三倉茉奈)の弟。田島忠(吉田栄作)と田島嘉子(鈴木砂羽 )の息子。

田島初枝三林京子
田島めぐみ三倉茉奈)と一条のぞみ(夢花)(三倉佳奈)の祖母。田島忠吉田栄作)の母。

田島宗助岸部一徳
田島めぐみ三倉茉奈)と一条のぞみ(夢花)(三倉佳奈)の祖父。田島忠吉田栄作)の父。宍道湖を愛するシジミ漁師。

松本邦治石倉三郎
田島めぐみ三倉茉奈)の祖父。田島嘉子(鈴木砂羽)の父。
出雲そば「まつもと」店主

松本正子宮田圭子
田島めぐみ三倉茉奈)の祖母。松本邦治の妻。
田島嘉子:鈴木砂羽 の母。
田島めぐみ三倉茉奈)の家の隣で出雲そばの店「まつもと」を営んでいる。

山田康太久保山知洋
田島めぐみ三倉茉奈)が所属するバンドしじみ汁のリーダー。

山田幹太佐川満男
山田康太の父。 ギターが上手い

石井寛治阿南健治
●鵜石井真弓河合美智子

田中彦四郎曾我廼家八十吉
松江の観光ガイド。 通称:ヘルン先生

坂下俊東島悠起
田島めぐみ三倉茉奈)が所属するバンドしじみ汁のリードギター。

門田直子寺田有希
田島めぐみ三倉茉奈)の同級生。田島めぐみ三倉茉奈)と同じ松江の高校に通う親友。

チャコ六子
松江で人気の女性ストリートミュージシャン。

六子(ろこ)は、島根で活躍する日本のデュオ。島根県松江市出身。ミュージア所属

メンバー
土江六子(つちえむつこ、1984年11月22日 - ) 
血液型O型
遊吟の伸治の妹、卓の姉としても知られる。
母里由美子(もりゆみこ、3月19日 - 年齢不詳)
血液型O型
六子 - Wikipedia


花村久乃藤村志保
京都・祇園の置屋兼お茶屋「花村」の女将。

花鶴京野ことみ
一条のぞみ(夢花)(三倉佳奈)の先輩芸妓。

美香伊藤麻衣
「花村」の仕込み(舞妓になるために修業中の少女)。花鶴やのぞみ(夢花)の妹分。仕込みというのは舞妓になるために置屋に住み込みをしている娘さん。美香さんは中学を出て置屋に入り半年になります。


●千代:こばやしあきこ
花村の仲居。

●花田徳蔵:多賀勝一
花村に長年勤める下足番。

●一条隆康:夏八木勲
田島めぐみと一条のぞみの祖父。一条真喜子の父。

涼乃木村文乃
祇園の舞妓で一条のぞみのライバル。

木村文乃(きむら ふみの、1987年10月19日 - )
2004年、DHC 映画『アダン』ヒロインオーディションで応募者3,074人の中から選ばれ、女優デビュー。
2005年、2006年、日本プロボウリング協会「DHC レディースオープンツアー」イメージガール。
2006年1月13日、日本ボウリング場協会主催、第13回ボウリング・マスメディア大賞個人賞受賞。同年、同協会のボウリング親善大使を務め、インディジャパンのイベントなどに参加。
2006年、ブログパーツ、サイバークローン初のモデル(デジタルクローン)となる。
身長164cm、B80cm、W58cm、H85cm。靴のサイズ24cm。
趣味は水泳、陶芸、映画鑑賞、読書。
特技は乗馬、スキー、バトントワリングなど
木村文乃 - Wikipedia

●奥村雄三:茂山逸平
祇園の「男衆」(芸妓舞妓の座敷着を着付けるなどの役割)。

●増本茂子:片岡静香
のぞみ達祇園の芸舞妓を指導する京舞の師匠。

●後藤辰夫:伊武雅刀
めぐみとのぞみを取り上げた産婦人科医。京都医科大学の教授

●石橋友也:山口翔悟
田島めぐみと一条のぞみのマネージャー。大手芸能事務所サニーミュージック の社員

だんだん - Wikipedia

★★★

朝ドラでボクサー姿の栄作「死ぬかと…」
マナカナ、12年ぶりに朝の連ドラ出演!
榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ9月18日
NHK朝ドラ再登板「マナカナ」の携帯サイトがオープン(8/5)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
マナカナの知られざる"過去"が暴露される!? - NHK朝ドラ『だんだん』会見(4/26)
茉奈佳奈が史上初NHK朝ドラ2度目ヒロイン
<マナカナ>NHK朝ドラ12年ぶり主役 「だんだん」制作発表

だんだん : NHK 朝ドラ情報

◆連続テレビ小説「だんだんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/dandan/

@niftyテレビ番組表 - 「だんだん」特集

マナ・カナのスマイルブログ

2008年09月30日

NHK連続テレビ小説『だんだん』●一条真喜子(花雪):石田ひかり

朝ドラ『だんだん』から石田ひかりさん NHKスタジオパークに登場

この人物のオモテとウラ 三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方

★★★

運命の再会を果たした双子の絆を描く。脚本:森脇京子

NHK朝の連続テレビ小説だんだん』第1週・9/29〜10/4「赤いスイトピー」

生まれてすぐに離れ離れになった18歳の双子の姉妹が、運命的に再会し、一緒に歌手を目指す。

島根・松江で暮らす高校三年生のめぐみ(三倉茉奈)は、歌うことが大好きで、友人とバンドを組み、ミュージシャンになることを志していました。

一方、京都の花街で舞妓をするのぞみ(三倉佳奈)は、先輩芸妓である母親の真貴子(石田ひかり)が見守る中、稽古み打ち込む日々。

ある日、(三倉茉奈)は路上ライブ中に知り合った芸能事務所のスカウトマン・石橋友也(山口翔悟)から東京でレコーディングしないかと誘われます。

その気になったのめぐみ(三倉茉奈)は、家族に初めて胸のうちを明かします。

しかし、父親の田島忠(吉田栄作)は、プロの世界はそんなに甘くないと猛反対!!

一条真喜子(花雪):石田ひかり
田島めぐみと一条のぞみの生みの親。
祇園で指折りの芸妓。裕福な呉服問屋の生まれ。
忠(吉田栄作)
との結婚、出産、離婚を経て祇園に戻り、一人で のぞみ(三倉佳奈)を育てた。

石田ひかり(いしだ ひかり1972年(昭和47年)5月25日 - )

小学校在学中、日本郵船に勤務する父の仕事の関係で台湾で数年過ごす。帰国後、芸能プロダクションボックスコーポレーションにスカウトされ、芸能活動を始める。姉・ゆり子もほぼ同時に同社と契約しているが、姉妹とは知らずに別の場所でスカウトされていた。

1987年5月、シングル「エメラルドの砂」で歌手デビュー。その後、シングル10枚、アルバム5枚を発売する。代表曲としては、花王「ピュア」シャンプーのCMイメージ・ソングとなった『くちびるハート2』や『恋は確率51%』などをあげられる。本人は「15歳から18歳までアイドル歌手やってました。全く売れなかったですけど」とコメントしている。

芸能活動そのものは、レコード・デビューより少し早い。1986年には「妻たちの課外授業II」(日本テレビ)に出演している。また、アシックスのCMなどにも出演していた。アイドル時代は、「花のあすか組!」(1988年)や「ママハハブギ」(1989年)といったようなテレビドラマにコンスタントに出演していた。

その後「さびしんぼう」などの尾道三部作で知られる大林宣彦監督の映画「ふたり」(1991年)、「はるか、ノスタルジィ」(1992年)に主演し、女優として大きく飛躍することになった。 同年、よみうりテレビ「悪女」にTVドラマ初主演。続いてNHK朝の連続テレビ小説「ひらり」では大相撲が大好きなヒロインを演じて注目された。その後もフジテレビ「あすなろ白書」に主演。人気のピークを迎えた。年末恒例の「NHK紅白歌合戦」には、1992年と1993年に2年連続で、紅組の司会を務めている。プロサッカー選手の青嶋文明との交際に実父が猛反対しマスコミを賑わせた。

2001年5月、NHK大阪放送局のディレクター(当時)の訓覇圭(くるべ・けい)と結婚して一時兵庫県西宮市に在住、2003年同局製作の「連続ドラマシリーズ かるたクイーン」にも出演し、同年5月31日に長女を出産。その後訓覇の東京への転勤に伴い東京へ戻り、2005年1月23日に自宅で次女を出産した。

アイドル時代の愛称は「ピカ」。現在も姉からはそう呼ばれている。

「まあるい生活」(オフィシャル・サイト)

石田ひかり - Wikipedia

まぁるい生活
http://www.ishidango.net/

小さな幸せみ〜つけた: まぁるい生活(石田ひかりさんのblog

石田ひかり (女優)のプロフィール - Yahoo! JAPAN
http://talent.yahoo.co.jp/talent/2/w93-0300.html

石田ひかりとは - はてなキーワード

@niftyテレビ番組表:NHK連続テレビ小説「だんだん」特集

だんだん★登場人物(出典: フリー百科事典『ウィキペディア

★★★

朝ドラでボクサー姿の栄作「死ぬかと…」
マナカナ、12年ぶりに朝の連ドラ出演!
榮倉奈々とマナカナが“朝の顔”をバトンタッチ9月18日
NHK朝ドラ再登板「マナカナ」の携帯サイトがオープン(8/5)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
次期NHK朝ドラ『だんだん』が京都でクランクイン - 三倉佳奈が舞妓姿に!(5/29)
マナカナの知られざる"過去"が暴露される!? - NHK朝ドラ『だんだん』会見(4/26)
茉奈佳奈が史上初NHK朝ドラ2度目ヒロイン
<マナカナ>NHK朝ドラ12年ぶり主役 「だんだん」制作発表

だんだん : NHK 朝ドラ情報

◆連続テレビ小説「だんだんhttp://www3.nhk.or.jp/asadora/dandan/

@niftyテレビ番組表 - 「だんだん」特集

マナ・カナのスマイルブログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。