2009年09月28日

『つばさ』最終週・第156回・9/26(土)

<つばさ>期間平均視聴率13.8% NHK朝ドラで最低記録

スタジオパークからこんにちは★多部未華子
高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー

★★★

多部未華子、白むく初体験…NHK朝ドラ「つばさ」で披露
<多部未華子>号泣のあとに「打ち上げで飲んで騒ぎたい」 朝ドラ「つばさ」笑顔と涙の撮影終了

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

NHK朝の連続テレビ小説つばさ』最終章第26週「二度目の春」(9/21〜9/26)9/26(土)最終回第155回

つばさ(多部未華子)真瀬(宅間孝行優花(畠山彩奈)を訪ね自分の正直な気持を打ち明ける。

「私は優花(畠山彩奈)ちゃんが大好きです

だけど、優花(畠山彩奈)ちゃんのお母さんにはなれません

私はラジオぽてとのおかんだからここを離れるわけには行かないの

ごめんね、佐賀には一緒に行けません・・」

優花(畠山彩奈)ちゃんは

「やだ、やだ・・・・」

つばさ(多部未華子)

「お手紙はいっぱい書くよ、お花の絵も描くよ・・」

優花(畠山彩奈)ちゃんは

「約束・・・・」

真瀬(宅間孝行

「明日、佐賀へ行くよ・・」

翌日、優花(畠山彩奈)ちゃんは

「もう泣かないよ、つばさみたいにお父さんを助ける!!」

4月になり、玉木家の家族が一緒に暮らし始めてから二度目の春がやってきました

数日後、つばさ(多部未華子)はブラジルへ旅立つ大谷翔太(小柳友)を見送るため、思い出の川沿いのグラウンドへ向かう

「行ってらっしゃい」

「必ずかえってくる、今度こそ翼に負けないくらい強くなって帰ってくる・・」

『つばさ』第25週「最後のラブレター
『つばさ』第25週「最後のラブレター

★★★

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」9/7〜9/12
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」(8/31〜9/5)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」

『つばさ』第22週「信じる力」(8/24〜8/29)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第22週「信じる力」

★★★

1. 連続テレビ小説「つばさ」

2. つばさ (朝ドラ) - Wikipedia


2009年09月25日

『つばさ』最終週・第155回・9/25(金)

スタジオパークからこんにちは★多部未華子

高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー

★★★

多部未華子、白むく初体験…NHK朝ドラ「つばさ」で披露
<多部未華子>号泣のあとに「打ち上げで飲んで騒ぎたい」 朝ドラ「つばさ」笑顔と涙の撮影終了

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

NHK朝の連続テレビ小説つばさ』最終章第26週「二度目の春」(9/21〜9/26)9/25(金)・第155回

紀菜子(斉藤由貴)も結婚式にやってきた。子どもはまだできないが、二人で幸せに生きることが大事だとわかったと話す。

斉藤(西城秀樹)も駆けつけてにぎやかな披露宴が執り行われた。

加乃子(高畑淳子)らの結婚式が終わった頃、ラジオの男が現れ、別れを告げる・・

「やれやれ、やっと片付いたね、あべこべの母と娘も元に戻れたし・・最初に出会ったのは、おふくろさんが出て行った夜だ・・おかんの仕事が忙しくなって出てこなくなって・・おふくろさんが帰ってきたときに久しぶりに出てきたわけ・・おふくろさんの関係がゆがんで苦しくなったときに癒すために出てきてたわけ、あんたとおふくろさんは再スタートを切ったわけだから、オレはお役ごめん、必要ないんだから・・これはおめでたいこと、はばたけた証拠・・

つばさ(多部未華子)は「まだまだ相談にのってほしい」と頼むが、すでにつばさ(多部未華子)にはラジオの男の姿は見えなくなっていた・・

)噂の深層 不平タラタラの中野美奈子アナ 寿退社かフリー転向か
押切もえ、野間口と破局、交際4年

「勝間和代を目指さない幸せ」 反「カツマー」本が30万部突破


『つばさ』第25週「最後のラブレター
『つばさ』第25週「最後のラブレター

★★★

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」9/7〜9/12
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」(8/31〜9/5)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」

『つばさ』第22週「信じる力」(8/24〜8/29)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第22週「信じる力」

★★★

2009年09月24日

『つばさ』最終週・第154回・9/24(木)

スタジオパークからこんにちは★多部未華子

高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー

★★★

多部未華子、白むく初体験…NHK朝ドラ「つばさ」で披露
<多部未華子>号泣のあとに「打ち上げで飲んで騒ぎたい」 朝ドラ「つばさ」笑顔と涙の撮影終了

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

NHK朝の連続テレビ小説つばさ』最終章第26週「二度目の春」(9/21〜9/26)9/24(木)・第154回

知秋(冨浦智嗣)

「何考えてるんだろうね、娘がプロポーズされて悩んでいるときに結婚式だなんて・・もし5歳のときにぼくじゃなくて姉ちゃんだったら・・姉ちゃんもあんなふうになったのかな・・」

千代(吉行和子

「知秋があんなふうにこころのうちをさらけ出したから、母と息子として向き合うことができたの。それがなかったら武雄さんのあとを継ごうとしなかったかもしれない・・

つばさは知秋以上に自分の気持を押さえ込んできたのです・・

母と娘の仲は一筋縄ではいきませんから・・」

竹雄(中村梅雀)

「かの子さんはつばさに甘えるのをやめて母親らしくなる、つばさはもう一度娘としてかのこさんに甘えればいいんだよ。つばさが娘として幸せになる、それが父親としてのボクの願いだ

和菓子造りで一番大事なのは、小豆が炊けていくのを見守っている時間だと思うんだ・・固くてかめない小豆が柔らかくなっていくのをただじっと見守っていく・・固まっている心が時間をかけてこけていく・・それを見守っていくのがボクの役目だ。

ボクはいつでもつばさを見守っているよ・・」

3月も終わりを迎える頃・・

竹雄(中村梅雀)加乃子(高畑淳子)の二度目の結婚式当日、つばさ(多部未華子)加乃子(高畑淳子)と向き合う。

加乃子(高畑淳子)は、つばさ(多部未華子)

「長らくお世話になりました・・あたしとつばさあべこべの母と娘だって・・20歳の頃にできなかったことをして。・・それを卒業するの。そのための結婚式。今日を迎えられたのはつばさのおかげ。ありがとう・・つばさがいてくれたから竹雄さんとやりなおすことができた・・あたしのせいで手放したこの家に戻ってこれたのもあなたのおかげ・・

あなたは家族のためを思って一生懸命やってくれた・・

私はそんなつばさに甘えていた・・」

つばさ(多部未華子)

「わたしは今の私が好き・・自分の名前に追いつけた気がする」

加乃子(高畑淳子)は、

「つばさ・・この本当の意味を教えてくれたのはあなたよ。家を飛び出さなくてもはばたくことはできるんだって。

だから、私は母として妻として女将としてここで力一杯はばたくの。

10年放浪しても見つからなかった幸せはこんな近くに転がっていたの

随分遠回りしちゃった・・」

つばさ(多部未華子)

「おかえりなさい、ありがとうかえってきてくれて・・」

『つばさ』第25週「最後のラブレター
『つばさ』第25週「最後のラブレター

★★★

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」9/7〜9/12
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」(8/31〜9/5)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」

『つばさ』第22週「信じる力」(8/24〜8/29)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第22週「信じる力」

★★★

2009年09月23日

『つばさ』最終週・第153回・9/23(水)

スタジオパークからこんにちは★多部未華子

高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー

★★★

多部未華子、白むく初体験…NHK朝ドラ「つばさ」で披露
<多部未華子>号泣のあとに「打ち上げで飲んで騒ぎたい」 朝ドラ「つばさ」笑顔と涙の撮影終了

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

NHK朝の連続テレビ小説つばさ』最終章第26週「二度目の春」(9/21〜9/26)9/23・第153回

甘玉2000個という大口の注文があり、かつての職人も集まって、甘玉堂は活気にあふれていました・・

いつの間にか、手伝いの中に入っていたのは・・・千代(吉行和子)・・

「アタシがいるとやはりはかどりますね!!・・かの子と同じことをしてみれば気持がわかると思って・・・家に戻るときの敷居は出て行くときの何倍も高いものだということがよくわかりました・・・桂木さんは、最後は静に旅立ちました・・私も心穏やかに見送ることができました、幸せな最後でした・・みんなありがとう・・」

翌日、大谷翔太(小柳友)がラジオぽてとを訪ねてきます。

斉藤工業を退職し、サッカーの指導者になるためブラジルの学校へ行くことにしたと報告します。

夜、こえどには大谷佐知江(手塚里美)加乃子(高畑淳子)つばさ(多部未華子)が集う。父・康一(永島敏行)は秋田で働いているらしい。

加乃子(高畑淳子)大谷佐知江(手塚里美)に3人で会ったらいいのにと勧める。

さらに大谷翔太(小柳友)も母佐知江(手塚里美)と家を出た父・康一(永島敏行)を再会させようと思っていた

「唯一の家族だから。オレがここにいるのは親父やお袋のおかげ、親父を見て育ったから今のオレのなれたんだ・・」

康一(永島敏行)がやってきた・・佐知江(手塚里美)

「昼飯でも行かないか・・」「もう食べた・・」

河原でサッカーをする康一(永島敏行)と大谷翔太(小柳友)を見ながら佐知江(手塚里美)

「親子ってつくづく不思議、愛してるのに憎くなる、憎しみが深くなるほど愛したくなる、やっかい・・だから許せないことなんてないのかもね、家族なんだから・・」

竹雄(中村梅雀)加乃子(高畑淳子)に結婚式をあげようと提案をする。

「結婚式っていうのは娘を卒業するための儀式、つばさ(多部未華子)のために結婚式をしよう」

『つばさ』第25週「最後のラブレター
『つばさ』第25週「最後のラブレター

★★★

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」9/7〜9/12
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」(8/31〜9/5)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」

『つばさ』第22週「信じる力」(8/24〜8/29)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第22週「信じる力」

★★★

2009年09月22日

『つばさ』最終週・第152回・9/22(火)

スタジオパークからこんにちは★多部未華子

高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー

★★★

多部未華子、白むく初体験…NHK朝ドラ「つばさ」で披露
<多部未華子>号泣のあとに「打ち上げで飲んで騒ぎたい」 朝ドラ「つばさ」笑顔と涙の撮影終了

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

NHK朝の連続テレビ小説つばさ』最終章第26週「二度目の春」(9/21〜9/26)9/22・第152回

真瀬(宅間孝行)のプロポーズの背景には、娘・優花(畠山彩奈)つばさ(多部未華子)を母親のように慕っていることがあった。

つばさ(多部未華子)は深く考えずに「おかん」で通してきた自分を反省する。

『つばさ』第25週「最後のラブレター
『つばさ』第25週「最後のラブレター

みのもんた 9年連続200安打のイチローに「セコイ」発言でネット上は批判の嵐
椎名桔平、来春パパに…妻・山本未來が妊娠5か月

新型インフルの小1男児死亡=最年少、脳症で〜新型インフル、ワクチン費用を全国一律に

滝川クリステル「ニュースJAPAN」25日夜放送で卒業…後任は秋元優里アナ
酒井被告、1か月半ぶり長男と対面…事情説明し謝る

花王エコナに不安感広がる

★★★

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」9/7〜9/12
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」(8/31〜9/5)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」

『つばさ』第22週「信じる力」(8/24〜8/29)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第22週「信じる力」

★★★

新型インフルの小1男児死亡=最年少、脳症で〜新型インフル、ワクチン費用を全国一律に

滝川クリステル「ニュースJAPAN」25日夜放送で卒業…後任は秋元優里アナ
酒井被告、1か月半ぶり長男と対面…事情説明し謝る

『つばさ』最終週・第151回・9/21(月)

スタジオパークからこんにちは★多部未華子

高畑淳子長女こと美本格的に女優デビュー

★★★

多部未華子、白むく初体験…NHK朝ドラ「つばさ」で披露
<多部未華子>号泣のあとに「打ち上げで飲んで騒ぎたい」 朝ドラ「つばさ」笑顔と涙の撮影終了

NHK連続テレビ小説つばさ」 NHK総合 毎週月〜土曜 前8:15〜8:30

■ 10年間、家を家族を捨てていた母が戻ってきた。母代わりをしていたつばさの青春を描く

NHK朝の連続テレビ小説つばさ』最終週第26週「二度目の春」(9/21〜9/26)9/21(月)・第151回

甘玉堂は蔵造通りの旧店舗に戻る。

「ここに戻ってこられていろんなことが片付いたって感じ・・」知秋(冨浦智嗣)

「落ちつくとこに落ち着いたのよ・・」、つばさ(多部未華子)

局の立ち退き問題が解決したのに会わせる様に浪岡(ローリー)二郎(脇知弘)も出演者として局に戻ってくる。「ロナウ二郎のだじゃれおかわり」「音楽の茶釜」

さらに伸子(松本明子)のダンナさんだった良男(太川陽介)は温泉を掘り当て、成功報酬を手に借金返済も終え川越に戻ってくる。また一緒に暮らせると大喜び。そして良男(太川陽介)を房子の会社で雇ってもらうことにして、伸子(松本明子)は川越キネマに戻ってくる。

平穏が戻る中、真瀬(宅間孝行)が佐賀のコミュニティ放送局から手伝ってほしい旨の手紙を受け取る。

優花(畠山彩奈)

「つばさが一緒じゃなきゃ行かない!!」

真瀬(宅間孝行)は、皆に退社することを伝える。後任に、伸子(松本明子)を指名。

真瀬(宅間孝行)は、つばさ(多部未華子)

「ここと同じようなコミュニティ放送を作れれば、それだけ千波の夢を広げられる・・優花とオレと一緒についてきてくれないか・・」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第26週「二度目の春」(9/21〜9/25)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第26週「二度目の春」

『つばさ』第25週「最後のラブレター
『つばさ』第25週「最後のラブレター

<NHK連続テレビ小説>ヒロイン、バトンタッチ 倉科さん「共演者がウミガメに見えてきた」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」9/7〜9/12
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第24週「あなたを守りたい」

NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」(8/31〜9/5)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第23週「旅立ちの歌」

『つばさ』第22週「信じる力」(8/24〜8/29)
NHK朝の連続テレビ小説『つばさ』第22週「信じる力」

★★★

「しんちゃん」は不滅?“サザエ方式”で存続か、しんちゃんとは逆だった…もの静かな臼井さん

★★★

女性4人に1人が65歳以上…高齢者人口推計

酒井法子被告夫妻の勝浦別荘、ほぼ全焼
クレヨンしんちゃん 遺体は作者の臼井さんと確認
B級グルメNO.1は「横手やきそば」



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。