2010年11月02日

てっぱん・大阪・田中荘の人々、浜勝の人々、ほか

<てっぱん>第1週の平均視聴率は17.7% 「ゲゲゲ」上回る好スタート

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

大阪・田中荘の人々

◆田中初音(たなか はつね):富司純子
下宿屋「田中荘」の大家。あかりと生き別れになった母方の祖母。千春の母。夫を早くに亡くしている。第1週の時点で67歳。千春と暮らしていた頃、田中荘の一角で「ちはる」という名のお好み焼き屋を開いていた。
初対面の際、トランペットを海に投げ捨てたため、あかりを激怒させる。20年前に家を飛び出した千春の消息を求めて村上家を訪ねるまで、千春の死や孫・あかりの存在を知らなかった。
当初、あかりや真知子からは尾道の奇祭「ベッチャー祭り」にちなんで「ベッチャー」と呼ばれていた。

◆西尾冬美(にしお ふゆみ):ともさかりえ
第1週の大阪の商店街夏ライブでトランペット奏者が見つからず、イベントが中止になると騒いでいた際、千春の形見のトランペットを返しに大阪を訪れていたあかりをたまたま見つけ、イベントへ引っ張り出した。
モデルの「ジェシカ」とも名乗るが、実際はスーパーのチラシのモデル。その後、チラシの仕事も来なくなり、うどん屋で岡持ち運びをしている。
尾道にちなんで、あかりを「おのみっちゃん」と呼んでいる。

◆滝沢 薫(たきざわ かおる):長田成哉
実業団の駅伝選手。故障のため強豪チームを解雇され、数段格下のチームに拾われた。その後、合宿所を飛び出し、あかりと同じ日に田中荘に下宿する。
かつて箱根駅伝で10人抜きをした実績を持つ。その頃を知る欽也は彼のファンである。
冬美からは「駅伝君」と呼ばれている。

◆中岡 徹(なかおか とおる):松尾諭
会社員(プログラマー)。妻と離婚後、息子と共に田中荘に下宿している。

◆中岡民男(- たみお):前田航基(まえだまえだ)
徹の一人息子。

◆笹井拓朗(ささい たくろう):神戸浩
田中荘で最も古くから暮らしている下宿人。人付き合いが苦手。

大阪・浜勝の人々

◆浜野 一(はまの はじめ):趙a和
鰹節問屋「浜勝」の3代目社長。商店街夏ライブであかりと出会い、翌年、失業がきっかけで仕事を探していたあかりを自社の従業員として雇う。
冬美と同じく、あかりを「おのみっちゃん」と呼んでいる。
商店街バンドでのトロンボーンの演奏に情熱を傾けており、また、経営者としての能力に欠けているところがあるため、小夜子には頭が上がらない。

◆松下小夜子(まつした さよこ):川中美幸
浜勝の事務員。会社を切り盛りしている。始めはあかりを雇うことに反対する。
神田栄治(かんだ えいじ):赤井英和
浜勝の職人。鰹節を削って30年のベテラン。ダジャレ好き。あかりの住まいとして田中荘を紹介する。

大阪の人々

◆長谷川 伝(はせがわ でん):竜雷太
かつて、工務店を経営。田中荘の大工仕事をすることもある。

◆岩崎 潤(いわさき じゅん):柏原収史
音大の講師。浜野が所属する商店街バンドを指導している。

◆根本孝志(ねもと たかし):松田悟志
滝沢が所属する駅伝チームのコーチ。滝沢の才能を高く評価している。

てっぱん - Wikipedia

てっぱん・登場人物・キャスト

てっぱん。第4週・第20回「食べ物が可哀想じゃ・・」

てっぱん・第3週「大阪てんてこまい」(10/11〜10/16)
てっぱん・第2週「18歳の決断」
てっぱん・第1週「ばあちゃんがきた」

てっぱん話題

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

●次期ドラマ「おひさま

次期朝ドラ『おひさま』ヒロイン・井上真央の両親に寺脇康文、原田知世 追加キャスト15名発表

朝ドラに井上真央「驚きました」予想外の“大物”起用
NHK来春朝ドラは『おひさま』 ヒロイン・井上真央がNHKドラマ初主演8



2010年09月28日

村上あかり★瀧本美織

<てっぱん>初回視聴率18.2% 「ゲゲゲの女房」上回る好スタート

楽しく“キャッチボール” 連ドラ「てっぱん」瀧本美織

NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

村上あかり瀧本美織):尾道の鉄工所の娘として育った18歳。思い込んだら一筋、男勝りの性格。母の作るお好みやきとトランペットをこよなく愛する

尾道の鉄工所の娘として育ったあかりは、思いこんだら一直線、周囲から“ガンボ”と呆れられる男まさり。母が作るお好み焼きとトランペットをこよなく愛するあかりは、祖母の登場によって、自分が村上家の養女という衝撃の事実を知ることに!しかし、そこで悲劇のヒロインにならないのが“ガンボ”たる所以。「人生最大の壁」の祖母が暮らす大阪に単身乗り込み、やがてお好み焼き屋を開業。育ての母から受け継いだお好み焼きの味と、産みの母から受け継いだ音楽の力を武器に、様々な困難を乗り越えていく!

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

瀧本美織(たきもと みおり、1991年10月16日 - )は鳥取県鳥取市出身の女優、タレント。スターダストプロモーション所属。鳥取敬愛高等学校卒業。東京都内某大学に合格(進学先の大学名は原則非公表)

身長162cm。靴のサイズ23cm。血液型O型。視力は両目ともD(0.3未満)。趣味は歌とダンス。
略歴 [編集]
小学生の頃から芸能界に興味を持ち、地元からダンススクールなどに通うため度々上京し、芸能活動をスタート。
2003年8月、エイベックス所属のヴォーカルダンスユニットSweetSのメンバーとして芸能界デビュー。2006年8月にリリースしたベストアルバムを最後に同グループは解散。その後早稲田アカデミーのCMに出演。
2008年、スターダストプロモーション芸能3部に移籍
2010年、映画「彼岸島」で女優デビュー。
現在は仕事やレッスンの度に上京している。
2010年2月、同年度下半期の連続テレビ小説『てっぱん』の主演に起用される事が決まった。瀧本初のテレビドラマ出演であると同時に、大阪局製作の朝ドラヒロインとしては初めての平成生まれ[1]の起用となった。さらに1990年代生まれ初の朝ドラヒロインでもある

瀧本美織 - Wikipedia

てっぱん

NHK次期朝ドラ『てっぱん』の“語り”に中村玉緒 芸歴50年で初ナレーション
遠藤憲一は剛柔自在!コワモテ悪役、朝ドラ父親役…なんでもござれで引っ張りだこ
安田成美、16年ぶりNHK連ドラ
“朝ドラ”「てっぱん」の祖母役・富司純子はヒロインの瀧本美織にぞっこん!?
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

ポスト竹内結子 瀧本美織

1. 瀧本美織 - Wikipedia
2. みーちゃんねる - 瀧本 美織 オフィシャルブログ
3. STARDUST - スターダストプロモーション芸能3部 - 瀧本美織の ...
4. ソニー損保:CM Gallery:瀧本美織 カレンダー
5. 瀧本美織 - プロフィール - Yahoo!人物名鑑

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

★★★8/27

玉木宏“元サヤ”加藤ローサと3年ぶり復活愛

11年度は小1、小2を35人化=6300人の教員増要求へ―文科省

2010年08月28日

兄・村上欽也(遠藤要)&次兄・村上鉄平(森田直幸)

兄・村上欽也遠藤要):あかりの長兄。信用金庫に勤務する実直で温和な男。とても家族思いで、個性の強い家族の中で、常にひとりひとりに心を配っている。5歳の時に我が家の一員になったあかりの出生の秘密を、子どもながらに理解しながら育ってきた。明るく単純な弟と妹を絶妙のタイミングで叱咤激励、見守りながら、素直に感情表現できる彼らを時にはうらやましく思っている。現実的な目でもって、村上鉄工所の将来も案じている。頼りになる長男

・次兄・村上鉄平森田直幸):あかりの次兄。留年していて、あかりと同級生の高校3年生である。自分の感情の赴くままに生きることを信条にしているため、周囲の皆から心配されているが、本人はどこ吹く風。本人は確固たる信念の元に動いているつもりだが、分かりやすい行動はお見通しで、常に空回り、良かれと思って取る行動が裏目に出る。とても熱く、真っ直ぐすぎるほど真っ直ぐな人物。村上鉄工所を継ぐことを決意し、錠に弟子入りする。

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

遠藤要(えんどう かなめ、1983年12月25日 - )は、日本の俳優。エイベックス・マネジメント所属。2009年3月末にてラ・セッテ離籍。2009年8月1日よりエイベックス・マネジメント所属。千葉県野田市出身。身長176cm、B型。特技はキックボクシング・バスケットボール。

2007年に公開された「クローズZERO」にて800人以上のオーディションを勝ち抜き、デビュー作にして大きな役を掴んだ。三池崇史監督に才能を見出され、本格的な映画初出演ながらストーリーを左右する重要な役・戸梶勇次を演じた

遠藤要 (俳優) - Wikipedia

森田直幸(もりた なおゆき、1991年7月19日 - )は、日本の俳優である。N.A.C所属。 特技はサッカー、剣道、水泳

主な活動拠点は関西

映画『血と骨』では主演のビートたけしの息子役を演じたが、R指定の映画だったため公開当時、出演した本人が出来上がった作品を観る事が出来なかった。
連続ドラマ『女王の教室』のオーディションでは最終オーディションまで残ったが真鍋由介役を逃してしまう。しかし、スペシャル版のキーマン役に抜擢され、いじめっ子の宮内英二を好演した。
三郷北小学校卒業 三郷中学校卒業

森田直幸 - Wikipedia

村上錠★遠藤憲一

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

村上錠遠藤憲一

あかりの父。尾道市向島の小さな下請け鉄工所を営む。二男に恵まれ、幸せに暮らしていたが、妻・真知子が連れてきた千春を受け入れ、面倒を見る。千春急逝の後、あかりを我が子として育ててきた。そんな一人娘のあかりには特別な思いがあり、ずっと自分のもとに置いておきたいと願っている。そのため、初音の出現にもっとも混乱してしまう。喜怒哀楽が激しく、思ったことはすぐに口に出すタイプだが、実はとても愛情深い。

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

てっぱん

NHK次期朝ドラ『てっぱん』の“語り”に中村玉緒 芸歴50年で初ナレーション
遠藤憲一は剛柔自在!コワモテ悪役、朝ドラ父親役…なんでもござれで引っ張りだこ
安田成美、16年ぶりNHK連ドラ
“朝ドラ”「てっぱん」の祖母役・富司純子はヒロインの瀧本美織にぞっこん!?
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

ポスト竹内結子 瀧本美織

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

★★★8/27

玉木宏“元サヤ”加藤ローサと3年ぶり復活愛

11年度は小1、小2を35人化=6300人の教員増要求へ―文科省

村上真知子★安田成美

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

村上真知子安田成美):あかりの母。広島市内の出身。夫・錠が営む村上鉄工所を手伝いながら、3人の子どもを育ててきた、肝っ玉かあさん。18年前、あかりの実母・千春と偶然出会い、その後千春が急逝したため、あかりを我が子同然に愛情深く育ててきた。突然現れた初音の存在に驚き混乱する家族をよそに、ひとり気丈に振る舞う。広島と尾道のお好み焼きをミックスした真知子オリジナルのお好み焼きは、家族の大好物である。

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

安田成美(やすだ なるみ、1966年11月28日 - 、本名:木梨 成美(きなし なるみ)[1])は日本の女優である。東京都文京区出身。血液型はB型

兄、姉、妹がいる4人兄弟の二女として生まれる。小学生の頃は学級委員や児童会長を務めていた[2]。

中学3年の時にスカウトされ[1]、1981年に花王ビオレのCMでデビュー。翌年にドラマ『ホーム・スイート・ホーム』で女優デビュー。女子美術大学付属高校に進学したが、芸能活動の多忙により中退、のちに大学入学資格検定を受け、明治学院大学に進学するがやはり多忙のため2年で中退[2]。

1984年、約7500人の中から抜擢され、アニメ映画『風の谷のナウシカ』のシンボル・テーマソング(イメージソング)で歌手デビュー、曲は大ヒットとなった。

1989年に出演した『同・級・生』以後、トレンディードラマのブームに乗り主演ドラマが相次いでヒット。

1994年、NHK朝のテレビ小説『春よ、来い 』の主演を務めるも途中降板し、同年、映画『そろばんずく』で共演した木梨憲武と結婚。翌年に長男、1999年に二男を出産。

休業を経て2000年、日本テレビのドラマ『リミット もしも、わが子が…』で復帰。2001年『大河の一滴』で7年ぶりに映画主演を務めた。2003年、長女を出産、再び休業期に入る。

2004年頃から、夫と共に麻布にて「3116 GALLERY CAFE」というカフェの経営を始める[2]。

2006年4月、ドラマ『さいごの約束』で復帰
突如のドラマ降板
NHK朝のテレビ小説『春よ、来い』で、当初は安田が1年間ヒロインを演ずる予定で、1週目に夫の癌に動揺する老齢のヒロインを安田が老けメイクで演ずるシーンがあったが、太平洋戦争を描いたシーンの後に突如降板した。降板に際し、降板理由は定かではない(阿部嘉昭「野島伸司というメディア」15頁。吉田豪「人間コク宝2」73頁)。この件に対し『春よ、来い』原作、脚本の橋田壽賀子が「飼い犬に手を噛まれた」と発言して波紋を呼んだ(阿部嘉昭「野島伸司というメディア」13頁)。代役は中田喜子が務めた。また、2010年、連続テレビ小説『てっぱん』でヒロインの母親役を演じることが決定し、この作品でNHKの朝ドラに16年ぶりに出演することとなった

安田成美 - Wikipedia

てっぱん

NHK次期朝ドラ『てっぱん』の“語り”に中村玉緒 芸歴50年で初ナレーション
遠藤憲一は剛柔自在!コワモテ悪役、朝ドラ父親役…なんでもござれで引っ張りだこ
安田成美、16年ぶりNHK連ドラ
“朝ドラ”「てっぱん」の祖母役・富司純子はヒロインの瀧本美織にぞっこん!?
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

ポスト竹内結子 瀧本美織

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

★★★8/27

玉木宏“元サヤ”加藤ローサと3年ぶり復活愛

11年度は小1、小2を35人化=6300人の教員増要求へ―文科省

田中初音★富司純子

広島県。尾道と大阪を舞台に、元気な少女とへそ曲がりの祖母がぶつかり合いながらきずなを深める

9/27スタート『てっぱん

田中初音富司純子):大阪で下宿やを営む。気が強くあまのじゃくで近所の人からは「いけず」とよばれている
あかりは18年前に縁を切った娘の子供

ヒロイン・あかりの実祖母。大阪で下宿屋を営む。近所の人々からはどこか「いけず」なばあちゃんと煙たがれている向きもあるが、本人はいたって気にしていない。18年前に親子の縁を切った娘・千春の消息をたどろうと広島・尾道に来た際、実の孫・あかりと運命的な出会いを果たす。その折、実の娘・千春が既に亡くなっていることを知るが、孫・あかりには、本心とは裏腹な態度をとってしまい、絶縁を宣言する。しかし、ひょんなことから、大阪で初音が営む下宿屋にあかりが転がり込んだことをきっかけに、「いけず」な祖母と「がんぼ」なヒロインとの心の交流が生まれていく。最終的には、あかりの情熱に負け、千春の出奔以来、封印していた「お好み焼き屋」を、あかりと共に、開業するようになる。

ドラマトピックスブログ:NHKブログ | 連続テレビ小説

てっぱん

NHK次期朝ドラ『てっぱん』の“語り”に中村玉緒 芸歴50年で初ナレーション
遠藤憲一は剛柔自在!コワモテ悪役、朝ドラ父親役…なんでもござれで引っ張りだこ
安田成美、16年ぶりNHK連ドラ
“朝ドラ”「てっぱん」の祖母役・富司純子はヒロインの瀧本美織にぞっこん!?
NHK今秋朝ドラ『てっぱん』ヒロインに18歳の女優・瀧本美織
NHK朝ドラ 今秋からはお好み焼き屋が舞台の『てっぱん』に決定 舞台は大阪・広島・尾道

ポスト竹内結子 瀧本美織

★★★

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010.4〜2010.9)
NHK連続テレビ小説『ウェルかめ』(2009.9〜2010.3)
NHK連続テレビ小説『つばさ』(2009.4〜2009.9)
NHK連続テレビ小説「だんだん」(2008.10〜2009.3)
NHK連続テレビ小説「瞳」(2008年4月〜9月)
NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(2007年10月〜2008年3月)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』

★★★8/27

玉木宏“元サヤ”加藤ローサと3年ぶり復活愛

11年度は小1、小2を35人化=6300人の教員増要求へ―文科省
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。